同僚へのパワハラを目撃してストレス性蕁麻疹になったミエさん(32歳)を突撃取材!

トミー福沢
こんにちは、トミー福沢です。
トミー福沢のプロフィール

同僚や新人に対するパワハラを目撃して強いストレスを抱えてしまったミエさん(32歳)にインタビューしました。

見た目にはっきりとわからないストレスという症状が気づかぬ間に目に見える形で表われてきた話は、今こそ辛いと感じる職場にいる人には必見です。

ミエさんにインタビュー

トミー福沢
簡単に自己紹介からお願いします。
ミエさん

ミエと申します。現在32歳の主婦で、結婚前は医療関係のメーカーで事務職に就いていました。

トミー福沢

お仕事はどんな内容でしたか?

ミエさん

営業からの発注依頼に対して商品の配送手続きを行なうことが主で、専用のシステムを使用して朝から晩までデータ入力をしていました。

トミー福沢

データ入力はミスが許されないので大変ですよね。

ミエさん

配送手続きを行なっているので、基本的に運営会社が営業している時間まで手続きが可能なんですが、それを知っている営業担当の方は配送時間ギリギリに依頼することが多いので、夕方から夜にかけてが物凄く忙しい時間帯でした。

一応17時の定時と決められていましたが、17時で帰れるということはあり得ませんでした。

配送できないということがわかっているにもかかわらず、今日手配してほしいという依頼も多かったので、帰りが22時を過ぎることも多々ありました。

トミー福沢

入社して間もない人も残業はありましたか?

ミエさん

新人でも17時に帰れるのは最初の2、3日程でした。

早々に残業するようになるので、明るかった新人もどんどん暗くなっていくような職場でした。

でも残業代はきちんと支払われるので、お給料としては確かにかなり良かったです。

トミー福沢

給与はどれくらいでしたか?

ミエさん

基本給は20万円未満でしたが、残業代を合わせると25万以上をもらえていた記憶があります。

でも毎日仕事に追われる環境だったので、家と会社を往復する日々。

だから貯金は貯まる一方でしたが、以前は休日も出掛けることが多かったのに、この仕事に就いてからはすっかり出不精になってしまいました

トミー福沢

何が一番辛かったですか?

ミエさん

仕事もハードだったのですが、職場の人間関係もあまり良くなく、それが一番辛く感じていました。

同じ職場内にボスのような女性がいて、その方に気に入られなければ仕事が円滑に進まないという状態があったからです。

トミー福沢

ミエさんは大丈夫でしたか?

ミエさん

私はうまく対応出来ていたのか判りませんが、何か言われることはほとんどありませんでした。

新人の方が嫌味を言われていたり、仕事を教えてもらえなかったりという状況を目の当たりにしました。

そのせいで仕事がスムーズにいかないのでまたいびられ、結局辞めていくことになる・・というのがかなり続いて、早かった人で2週間程度で退職していました。

トミー福沢

そのお局もストレスを抱えていただろうし、現場の雰囲気は良くなかったでしょうね。

ミエさん

そういう状況をずっと見ていたので、私自身も気持ちが落ち込み、つまらないミスをするようになりました。

ストレスが溜まっていたのか、原因不明の蕁麻疹が体中にできるようになり、薬が手放せない日々が続きました。

でも辞めた今はもう蕁麻疹に悩まされていません。

トミー福沢

当時会社を辞めようとは思いませんでしたか?。

ミエさん

あの時身体が拒絶反応を示していたのに、なぜずっと仕事を続けていたのか本当にわかりません。

もしも私と同じような職場で働いている方がいたら、早くその現場から離れた方がいいととにかく伝えたいです。

トミー福沢

その声を届けるべき人はたくさんいますよ。

改めて何かメッセージがあればお願いします。

ミエさん

そこまで我慢する必要はないんだよ、と言いたいです。

他でもあなたの力を必要としている場所はあるのだから、そこにしがみつく必要はないと思います。

最後に…

ミエさん、メーカーでのデータ入力という仕事の内容と、そこで起こった経験をお話しいただきありがとうございました!

直接的なパワハラを受けなくても、それを目撃することや悪い雰囲気の職場の影響で体調に支障が出るケースはたくさんあります。

・身体に影響が出るような仕事は続けなくてもいい。自分の方が圧倒的大事

・インターネットビジネスなら在宅で自分のペースで収入を得ることができて、仕事や時間、人間関係に左右されることなく、身体を酷使する必要もない

あなたの力を必要とする場所を自分で築くことができる、インターネットビジネスはそれを可能にしてくれます。

お金と自由を手に入れ、心と体の健康も手に入れることが可能な起業という道を選択してみてはいかがでしょうか。

関連記事

トミー福沢 こんにちは、トミー福沢です。 ▶トミー福沢のプロフィール 今日は、「人見知り・コミュ障の僕がスピーキングを鍛えまくって年間3億円の報酬を受取るまでになったのか」という話をします。 実は、[…]

最新情報をチェックしよう!