MENU

SNSハイライト【8/22〜8/28 2022】

目次

SNSハイライト【8/22〜8/28 2022】

トミーです。

SNSに力を入れていくと決断したので、後から見返したり、今後反応が良いものを深堀りしてお届けできるよう、ブログにまとめていくことにしました。

Twitterハイライト

StripeのJCBの売上が「4営業日後に入金」になったようです。

JCBをこの短期間で入金できる決済会社は他になく、まともなビジネスなら凍結もないので

最強の決済会社ですね。

成功要因のど真ん中だけ吸収すべきです。

「この人はなぜ成功できたか」を分析し、センターピンだけ真似する。

欲しい人材を忘れないようにメモしていきます。

欲しい人材を忘れないようにメモしていきます。

欲しい人材を忘れないようにメモしていきます。

ビジネスはやることを増やすより「やらないことを決める」ほうが遥かに重要と考えています。

時間や資金、人材などリソースを考えると着手し軌道に乗せることは不可能なのであえて絞り、その道を極める。

私がやらないと決めたこと

皆さんの「やらないと決めたこと」や事業や人生における断捨離は何ですか?

勘が良い方は気づいていますが、昨今のBrainやnoteは「顧客リストの流し合い」状態になっています。

このパターンの後に情弱は食い潰され、トレンドの手法は衰退します。

さっき奥さんに「セールスレターにある箇条書きみたいな〜」と話していたら

「ブレットでしょ?」と言われて驚きました。

職人気質のマーケッターが陥りがちなのが、分析や施策にこだわるあまり「利益が伸びない」こと。

0.1%単位の成約率、1000円単位のLTVにこだわり四苦八苦するくらいなら

私ならシンプルに儲かる方法を選びます。

「仕事と遊びはバランスが大事」です。

それが活力やアイディアに繋がります。

衝撃の仕組みを公開。「LP→LINE→電話営業」これで初月からRoas300%超えのサブスクが作れています。

営業さえ強ければイージーゲームの時代到来です。

「電話営業で成約できません」という方のために2つ方法を教えます。

売れる営業会社は大抵トークスクリプトを社内で持っています。

情報ビジネスで最も自動化しやすいのは「決済→商品提供」です。

マイスピー(決済、メルマガ)・Cyfons(会員サイト)結論、初心者はこの2つを揃えればOKです。

マイスピーのフォームを使って決済する場合、決済会社との契約が必要になります。

入金が早く使い勝手が良いStripeと情報ビジネスも使えるアクアゲイツやアナザーレーンなど

お好みの会社と契約しましょう。

マイスピー以外でもエキスパを使えば決済機能も備わっており、より簡単に使用できるかと思います。

事前審査が通れば凍結がない(らしい)ので、最近は業界でも使う方が増えました。

NG事例は「決済後にお客様から連絡をもらい、手動で商品や会員サイトを納品すること」です。

これでは大量に売れた場合に対応できず、無駄な時間を使ってしまいます。

決済→商品提供自動化の2ステップ

他にもこだわれば細かい設定ができますが、最も簡単なのは上記です。

【マイスピーの決済連動設定】

画像の「決済連動設定」から簡単に設定できます。

【マイスピー決済フォームの設定】

重要なポイントですが、自動化するには決済会社のフォームではなく

「マイスピーのフォームを通して決済」してもらう必要があります。

あとはフォームのURLを取得し、レターやLINEにセットでOK。電話営業の場合もこのフォームを通して決済です。

【トミー流 自動返信メール設定】

なるべく難しいことは排除して伝えたいので、私がどうシンプルに使っているか画像でご覧ください。

銀行振込先の案内は「申込時(支払前)タブ」で行います。

人によって送るメールを自動で変えることができます。これはぜひやりましょう。

銀振りだけはお客様から「振り込み終わりました!」という連絡をいただき、手動で受領処理する必要がありますが

確認して受領するだけで案内は自動です

上記の銀振り受領の続きです。

会員サイトCyfonsに関してですが、公式マニュアルを読むと簡単に設定できます。

ちなみにCyfonsは3万円の買い切りで、登録日から起算してコンテンツ配信できるステップサイト機能が便利です。

ただし、私がこれから会員サイトを作るならワードプレスで良いと考えています。

初心者は設定ができずに終わる可能性があるので、Cyfonsもしくは他のコスパが良い会員サイトツールでOKです。

「バックエンドを効率よく売る裏技」を書き留めます。

購入後の会員専用メルマガにPDFや動画、ZipファイルのURLを記載し、「継続して」商品提供します。

あえて会員サイトを使わず、メルマガでコンテンツを提供することで

お客様は「高確率でメルマガを読む」ようになります。

メルマガで売れる/売れないは、コピーライティングうんぬんの前に「読まれていないから」です。

長期的に売り”続ける”ことができ、LTVが上がり、ファンも増えます。

昔は情報商材といえばPDFを提供して終わりでしたが、

最近は満足度アップ、顧客管理を楽にするために会員サイトを提供する方が増えました。

「購入者通信で定期的に特典を配布」すれば、

メインコンテンツを会員サイトで提供しても、メルマガの購読率は上がります。

重要なのは「メルマガでしか受け取れない何か」を作ることです。

もちろんLINE版で応用することもできますが、購入者リストがアカBANされたら最悪の結末です。

年商10億以上の方は必ずメルマガを使っているので、この機会にメルマガもマスターしましょう。

SEOよりコピーライティングとDRMを学び、少ないアクセスで成約できるようになると、

収入は3〜10倍に跳ね上がります。

4/23から約4ヶ月で6500フォロワー増加しました。

徹底したのは「機能的価値でゴリ押し」。つまり、現場で培ったノウハウを垂れ流しすることです。

最近、広告運用者を3人追加しました。

担当者も人間なので、体調不良などで事業がストップしないように分散させます。

事業においても資金投下=投資なので、投資の考え方を用いるのがオススメです。

「弱小個人がサブスクで3980円」このパターンの格安商品は悪手だと思います。

私なら高額サブスク一択。自分がしんどくない収入と労働時間から逆算し、

最低でも月5万で設定します。5万×100人のように。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる