MENU

SNSハイライト【6/27〜7/3 2022】

目次

SNSハイライト【6/27〜7/3 2022】

トミーです。

SNSに力を入れていくと決断したので、後から見返したり、今後反応が良いものを深堀りしてお届けできるよう、ブログにまとめていくことにしました。

Twitterハイライト

「SNSか広告で集客→VSLで販売」これで英語圏向けの情報商材の販売もいけそうです。

日本語版の資料は、自分の商品に合わせたVSLのスライド作成という意味です。

「日本のマーケは古い。英語圏が最強」と言う方もいますが

私がローンチのプロモーターだった頃、売上世界一は日本だと聞きました。

英語圏のノウハウを持ち込むより、日本人の特性を理解するほうがハマる施策も多いです。

個人的には、新しい情報が多くワクワクするので、英語圏のマーケを勉強するのは好きです。

「トリップワイヤーファネル」は数千円のフロントを売り、購入者にすぐに数万のアップセルをかけていますが

「フロント購入後に即電話」を入れて、30万のスクールでも売ったほうが利益出ると考えています。

「ダミー協賛企業作戦」という恐ろしいアイディアを思いつきました。

結果が出たらプレゼント企画でノウハウ公開しようと思います。

黒〜グレーなことばかりやってきたので、すぐこういうアイディアが思いつきます。

私もいい加減、黒いことから卒業するために頑張ります。

最近勉強になったコンテンツは断トツで「しいたけ占い」です。

人を全く否定せず、包み込むような文章が素敵です。

「本物の情報はネット上には出てこない」と言いますが、

良いノウハウがあっても「一部だけがネットに出ていて、重要な部分は出てこない」感覚です。

情報商材を売る際、土日は反応が低いのでセールス日から逆算して予算と上限CPAを調整します。

平均日予算30万なら、木金は10万くらいまで下げ、その他の土〜水で浮いた40万を上乗せするイメージです。

ただ、広告運用はド素人なので間違っていると指摘を受けるかもしれませんが

私の場合はこの施策がうまくハマっています。

ちなみに、「自分が得意な領域に一点集中する為」に自社での広告運用は辞めたので

広告運用が得意な方は、是非実績などを送ってきてください。

Twitterの攻略法は「実績の偽装をしない」ことです。

短期では結果が出るかもしれませんが、長続きせずファンが離れ、最終的には垢BANのリスクもあります。

英語圏向けTwitter戦略

実際にやってみて、いい結果が出たらシェアしていきたいと思います。

「ポイントはプレゼント企画」、日本で通用するなら、英語圏でも通用するはずと考えています。

ビジネスは常にシンプルなので、思っているより簡単なはずです。

「他人の力を借りてビジネスを作る」と本当に楽です。

自分の能力を上げるのは必須ですが、他人の力をうまく借りると、成功も成長も早いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる