MENU

SNSハイライト【10/3〜10/9 2022】

目次

SNSハイライト【10/3〜10/9 2022】

トミーです。

SNSに力を入れていくと決断したので、後から見返したり、今後反応が良いものを深堀りしてお届けできるよう、ブログにまとめていくことにしました。

Twitterハイライト

「LINE登録率を最大化させるサンクスページの構成」を図解しました。

LINEのアカBAN対策をしながら長期で運用するには、メルマガとの併用は必須です。

「他社案件をリサーチして発見した最新版のサンクスページの構成」の補足です。

私が運用している月商1000万以上の案件は、全てLPからメルマガに登録してもらい、

サンクスページやファネルでLINE誘導しています。

大体どの案件もメルマガ→LINE登録率は70%前後です。

情報商材を売り続けて12年の私が新人情報商材屋に言いたいのは

売れて儲かるからひたすら続けているだけで、月100万を超えたあたりから飽きています。

SNSで使えるグレーな実績の作り方

誰でも月数百万〜数千万に見せれるが、実際は金がないのが難点です。

SNSにはこの手の実績を使って集客している人がゴロゴロいるので、

実績だけ見て人を信用するとカモのままです。

「知識に投資すれば成功できる」と勘違いしている場合ではありません。

私が「学ぶ」時は、他社リサーチ8割、教材などの勉強2割です。

以前は「本は発売された時点で陳腐化されている」と考えられ、最新ノウハウを学ぶには向きませんでしたが

最新事例を拾うなら人脈を頼るか、リサーチあるのみです。

自己投資を否定はしませんが、自己投資信者は考え方を改めないと、一昔前のノウハウコレクターと同じです。

正直、革新的な教材はそんなにありません。

文章からスライド資料を作成できるサービス「イルシル」がリリースされたようです。

ウェビナー、ローンチ、個別面談、コンテンツ作成など商材屋にもってこいです。

ローンチあるあるですが、他社案件をリサーチすると「またこのチームの案件か」というケースばかり。

つまり、1つでも売れる案件を作ったら同じスキームで横展開しまくっているだけということです。

他社案件に登録したらコンセプト、商品、販売方法、価格、集客経路、

推定リスト数や売上をパッとイメージできるようになりましょう。

リサーチを続けると案件を見ただけで「あの会社が仕掛けてるな」と予測がつきます。

「LP→LINE(メルマガ)→動画→電話」この仕組みで月商数百〜数千万は作れます。

今リアルタイムで売れている案件は9割がこの仕組みです。

ノリアキさんとバンコクでカフェデートしました。

会えば何でも教えてくれるので、ローンチで月数千万円目指すならフォロー推奨です。

情報商材で金儲けだけ考えたら「投資系ローンチ」がキングオブキングだと考えています。

TikTokで有名なBytedance社が開発した次世代コラボレーションツール「Lark」

めちゃくちゃ便利そう。商材屋はみんなこれにしませんか?

図解ツイートならぬ「解説ツイート」というノウハウを開発しました。

多ジャンルで応用可能です。

「あれだけ拡散されてフォロワーが1人しか増えていないのはなぜですか?」と質問があったのですが

毎日50人〜100人はフォロワーが増えており、ビジネス系アカウントは流行ると考えています。

「解説ツイート」の補足ですが、普段メルマガかブログを書いているならスクショするだけで成立します。

大事なことは「何らかの解説が画像化されていること」です。

3、4年前にチームメンバーが解説ツイートのプロトタイプをテストし、月800〜900万稼いでおり

当時はあまり威力に気づいていませんでしたが、私自身が実験して凄さにようやく気づけました。

「なぜ架電セールスが重要なのか」7つのメリットと共に図解しました。

私が赤字を作らず初月黒字化しているヒントが隠されています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる