人間関係最悪の職場から思い切って転職。理想の生活は手に入れられた?

トミー福沢
こんにちは、トミー福沢です。
トミー福沢のプロフィール

人間関係最悪の職場から思い切って転職をしたタケルさん(26歳)にインタビューしてみました。

ライティングが得意な人で、「本業以外の副業で収入を得たい」と考えている人には、タケルさん(26歳)の体験談はピッタリです。
たけるさんは無事に理想の生活は手に入れられたのでしょうか?

たけるさんにインタビュー

トミー福沢
はじめに簡単な自己紹介をしていただけますか?
たけるさん
私は都内に住むたけると申します。21歳のときに3年間勤めた会社から今の会社に転職して現在に至っています。

転職を決意した理由とは?

トミー福沢
今回は、何故転職しようと思ったんでしょうか?
たけるさん
転職の理由は、職場環境や職場の人間関係が悪かったこと、仕事が自分に合わず、仕事内容を好きにもなれなかったこと、
それらのことから精神を病み、体も壊してしまったことです。
トミー福沢
その後すぐに転職出来ましたか?
またその後の体調は回復しましたか?
たけるさん
運よく自分に合った職場に転職できたことで心身ともに少しずつ改善がみられましたが、それでも週5日勤務で働くことがとても負担であり、やはり一度休職もしくは退職をするしかないのか、と悩む日々が続きました。

自分にピッタリなスタイルが「在宅ワーカーだった」

トミー福沢
その後、ピッタリな仕事スタイルに出会ったそうですが・・・
たけるさん
はい。そんなときにひらめいたのが、在宅ワーカーになるということです。
在宅ワーカーであれば、少なくとも重い体を引きずって出勤し、姿勢よく働かなければいけない、ということはなくなります。
しかし、私は慎重なタイプなので、いきなり在宅ワーカーを目指して退職はせず、まずは副業として在宅の仕事をしてみようと思い立ちました。
トミー福沢
まずは副業から始めてみた在宅ワーカーの仕事はどんな感じでしたか?
たけるさん
それから私は、好きで得意でもあったライティングを主な副業にしようと考え、いくつかのクラウドソーシングサイトに登録して、まずはタスク作業から始めてみました。
タスク作業は単価は安いですが、煩雑なやりとりもなく、自分に合った案件を選び、ある程度自分のペースで取り組むことができ、副業というものが自分が思っていた以上に敷居が低いものだと分かって驚きました。

在宅ワークを続けていくとわかった事とは?

トミー福沢
その後は順調に在宅ワーカを続ける事が出来ましたか?
たけるさん

いくつかのタスク業務をこなしライティングに慣れてきたところで、クライアントさんに自分から提案してお仕事をもらったり、逆にクライアントさんから依頼を受けてお仕事をしたりといったことも徐々にできるようになりました。

その時点でもまだまだ初心者でしたから、食べていけるほどの稼ぎはなかったですが、段々と自分の能力が認められるようで嬉しかったです。しかし、副業を始めて半年ほど経ったあと、ふと気づいてしまいました。
本業に副業にと忙しすぎて、趣味の時間や家族・友人と過ごす時間がほとんど持てなくなっていたのです。

家でも会社でもデスクワークですから、元々少なかった運動量は0に近くなり、せっかく改善しかけていた体の具合も低迷していました。
これでは、何のために副業を始めたのか分かりません。

その後、副業はどうしたのか?

トミー福沢
その後、副業はどうしたんでしょうか?
たけるさん

結局、副業は一度スッパリとやめ、本業と療養に専念することに決めました。

しかし、心身ともにだいぶ改善した今、こうして空いた時間に副業に取り組むことができているので後悔はしていません。

これから副業される人は、受注した仕事に責任をもって取り組みつつ、あまり根を詰めすぎないことを意識するのがオススメです。

最後に…

たけるさん、人間関係に悩んで在宅ワーカーに転職した経験や、体調を崩された経験などリアルなお話しを聞かせてくれて、ありがとうございました!

たけるさんが言うように、本業と副業は体調も含めてバランス良くすることが一番大切ですね。

これから副業にチャレンジしてみたい!というみなさんも、本業の時間・副業の時間・趣味の時間を長期間続けられるような自分に合ったバランスを守りながら取り組んでいきましょう。

・人間関係に悩んだら転職してみる事も選択肢の一つ。
・本業の時間、副業の時間、趣味の時間のバランスを考えて取り組むことで、長期間続ける事が出来る
・インターネットビジネスなら自分が主人公になり、人生の舵をきる事ができる
トミー福沢
何事も無理せずマイペースにコツコツと続ける事が大切ですね!

トミー福沢とともにネットビジネスを勉強して自由な人生を送りましょう。

オススメ記事

トミー福沢 こんにちは、トミー福沢です。 ▶トミー福沢のプロフィール 今日は、「人見知り・コミュ障の僕がスピーキングを鍛えまくって年間3億円の報酬を受取るまでになったのか」という話をします。 実は、[…]

最新情報をチェックしよう!