インドア女子がオーストリア留学へ。海外の大学に挑戦した理由とは?!

トミー福沢
こんにちは、トミー福沢です。
トミー福沢のプロフィール

異文化に触れられる その魅力にはまり海外の大学に進学したみずきさんにインタビューしました。

ちょっとおとなしそうなインドア派の女の子が海外の大学を選んだ理由などを探っていきます。

みずきさんにインタビュー

トミー福沢
初めまして。よろしくお願いします!
簡単に自己紹介をお願いします。
みずきさん
よろしくお願いします。
私は,東京出身の22歳,女のみずきです。

どちらかといえば,社交的なタイプではなく,休日も家でネットフリックスやYouTubeで動画を鑑賞したり,とにかくインドアなタイプなんです・・・

トミー福沢
そうなんですね(笑)

海外の大学に行ったきっかけは?

みずきさん
両親のおかげで子供の頃から海外旅行に行くことは多く,アジアを中心に台湾,中国,タイ,シンガポール,インドネシア又,アメリカ,メキシコへ旅行をしましたので,異文化に触れることは多く,その影響もあり海外の大学に進学しました。
トミー福沢
いきなり海外の大学は怖くなかったですか?
みずきさん

日本以外の国に行くことには抵抗はありませんでした。

ただ旅行とは違いそこの環境で生活すると考えるとなかなか決断できずにいて,高校卒業の進路では日本の大学に進学しました。

元々,興味のある分野の学部に進学したものの,毎日がとても退屈で,「今まで,自分は何を頑張って来たか」「何をしたいか」と考えた時に,多国籍の環境でその興味ある分野を英語で勉強したいと思いました。

自分だけの強みになればと思い,よくある「環境が自分を変える」ということを信じ,日本で通っていた大学を中退し,海外の大学に入り直しました。

トミー福沢
そうなんですね。

どこの国の大学に行ったんですか?

みずきさん

オーストラリアです。

都会過ぎず田舎でもなく観光地でした(笑)

トミー福沢
どのくらいの期間ですか?
みずきさん

大学の正規留学なの学生ビザで約3年います。

トミー福沢
差し支えなければ、先行学科教えてください。
みずきさん
はい!情報工学です。
トミー福沢
 オーストラリアでの収入源はどうしていたんですか?
みずきさん
オーストラリアの学生ビザだと週20時間とホリデー期間は無制限でバイトができるため,パートタイムで働いていました。

私が働いていたバイト先は,最低賃金の約18ドルを上回る時給でした。また,休日や祝日には,ダブルペイといった通常の二倍のお給料が振り込まれました。

 

オーストラリアでは学生ビザだと週20時間バイトができ、ホリデー期間だと無制限でできる。

バイト先によっては最低賃金以上もらえたり、条件のよっては通常の二倍貰えるところがある。

トミー福沢
オーストラリアに移住して感じたこと、1番の印象的なエピソードは?
みずきさん

正直,初めに思っていた「環境が変われば,自分も変われる。成長できるはず」ということにはなりませんでした。

英語力を上げるために毎日に勉強が大事です。

私がいた地域は,日本人のワーキングホリデーのひとや留学生が多く繋がろうと思えば簡単に見つかります。

なので、なかなか現地の友達ができずに日本人の人ばかりと行動してしまう。
その結果、英語力が伸びないという危険があります。

そうではなく、とにかく毎日一つでも多くの単語や言い回しを覚えるようにしないと英語は思ったより伸びません。

トミー福沢
なるほど!
みずきさん
それと,私は内向的な性格ですが、こっちに来れば前向きな考えをもつようになり、社交性が培い友達もすぐにできると思っていました。

常に,受け身だったため、思うように交友関係が広がりませんでした。

語学,人間関係,仕事といった全てのことに,英語もままならない経験もない移民者の私が生活するには何より積極性が必要になってくることを感じました。

トミー福沢
そんな中で言葉の壁はどう乗り越えたんですか?
みずきさん

正直、ただ生活するぶんには拙い英語でもなんとかなると思います。

私も、どうにかコミュニケーションがとれるぐらいの英語力で渡航しました。

しかし、それでは良い仕事を得れないし、大学で好成績をとることもできません。

また、友達や恋人との会話で、微妙なニュアンスを伝え合うことができません。
それぞれの場面で言葉の壁の乗り越え方が私にはありました。

トミー福沢
おっ!それはどんなことですか?
みずきさん
仕事では,接客業なら使うフレーズも限られ,お客さんから求められるものもわかってきます。

なので,同じ職場のスタッフの言い回しを真似したり,とにかくその業務自体に慣れるようにしました。

大学では,教授やイングリッシュヘルプの先生の力を借りつつ課題をしました。

そこでは,とにかく人より多くの学術を読むようにして,語彙力をあげ自分自信のレポートやエッセイに役立てました。

人間関係では,とにかく誰かといる時間を過ごします。初めは,ついていけなくても段々と慣れるようになりました。

トミー福沢
オーストラリア教えてもらってもいいですか?
みずきさん

私は3年間オーストラリアにいましたが,引越しをしたのは2回です。

1回目は,自分でローカルサイトでみつけたシェアハウスで光熱費込みで月4万円ほどでした。家はとても綺麗で、モダンな作りでとても快適でした。

2回目は,友達と借りたこじんまりとしたアパートメントでこちらはで月7万で,それと光熱費で5千円ほどプラスされました。どちらの家も,駅まで10分以内で快適でした。

トミー福沢
オーストラリアと日本の違いや、困ったことはなかったですか?
みずきさん

なにかトラブルがある度に,最初は「これが文化の違い?」と戸惑うことが多々ありましたが,個人差なことが多いと思えるようになったのでとくに困ったことはありません。

トミー福沢
みずきさんが感じる海外に住むメリットとは?
みずきさん
メリットは,とにかく多国籍の人と関わることで,視野が広がります。

それと,その国の良さだけではなく,自国の良さを改めて知ることができるともいます。

そのうえで,どちらで将来何をするか選択することができます。

トミー福沢
これから海外移住する人にアドバイスがあればお願いします。
みずきさん
もちろん英語力,それだけではなく経験や資格があればあるほど選択肢を広げることができます。

最後に・・・

日本の大学を辞めてオーストラリアの大学に挑戦したみずきさ。

海外移住で自分も変わるかと思ってたようですが、もっとバイトなどができればもう少し現状は変わったかもしれないですね!

学生さんだと勉強時間が大事なのであまり外に出てバイトをするというのは難しいですが、すきま時間にできるネットビジネスをしてみる選択肢も、海外にいる人は、視野にいれてみてほしいです!

勉強に忙しい学生さんにも、時間と収入源がないと厳しい。

ネットビジネスなら世界中どこにいても仕事ができるから、色々な国にいく選択肢と自由な時間が増える

色々、失敗談なども良く聞く海外移住ですが、海外にでて挑戦するという点では、失敗もプラスに出来てしまう海外移住。

是非、一度は経験してみることをおススメします。

最新情報をチェックしよう!