国際結婚で物価高のハワイへ移住!波乱万丈な人生から一変、海外移住で幸せライフ?

トミー福沢
こんにちは、トミー福沢です。
トミー福沢のプロフィール

日本で結婚、離婚と波乱万丈の人生を送ってきたMizuさんにインタビューしました。

人生には山あり谷あり色んな事がありますよね。
まぁ 色んなことがあるからこそ人生を楽しむ醍醐味化とは思うんですけど・・・

そんな山あり谷ありを海外移住にて乗り越えた幸せのつかみ方なんかを聞いてきたので紹介します。

Mizuさんにインタビュー

トミー福沢
こんにちは。トミーです。
簡単に自己紹介からよろしくお願いします。
Mizuさん

こんにちは!

アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島在住9年のMizu、日本生まれ、日本育ちです。

東京の大学卒業後、一度日本人男性と結婚、離婚。

その後400万円を貯金して、単身学生ビザにてハワイへ渡米後、国際結婚により永住権へ切り替え、現在に至ります。

妊娠、出産を経て、NY出身のザ・アメリカンな夫とキンダーガーデナー(幼稚園年長さん)の女の子のお母さんをさせていただいています。

単身で一人海外生活を始めた頃から振り返るとだいぶ環境や状況の変化があった9年でした。
パートタイムでワイキキのアートギャラリーで働いています。

どうぞよろしくおねがいします。

トミー福沢
よろしくお願いします!

最初に海外移住したきっかけをお聞きしてもいいですか?

Mizuさん

海外移住したきっかけは、「小さい頃の原体験」というのが、私にとっては、キーワードかもしれません。

物心ついた時から、映画好きな親の影響で、ハリウッド映画のパンフレットを読んだり、意味もわからないけれど、映画を見るのが好きな子供でした。

小学生頃には漠然と、大きくなったら海外に住んで見たいなぁと空想していたと思います。

トミー福沢
 どこの国に住んだことがありますか?
Mizuさん

 

アメリカ合衆国ハワイ州です。

その他、オーストラリアに1ヶ月のバックパッカーをしたことがあります。

トミー福沢
どのくらいの期間行ってたんですか?VISAの種類は?
Mizuさん
在住歴は9年になります。

学生ビザ(F1VISA)で入国しました。

その後アメリカ人と国際結婚をしたため、永住権(Green Card、最初は2年)を申請。2年経った後、10年に更新をしました。

トミー福沢
そうなんですね。

学生ビザということは留学で?

Mizuさん

ハワイへは留学で来ました。

半年くらいは少しゆっくりしたい気持ちもあり、カレッジ進学目的の準備の意味も含め、良心的な授業料設定の語学学校を探し、直接語学学校にコンタクトを取り申し込みました。

オーストラリアは短期旅行の観光で訪問しました。

トミー福沢
差し支えなければ、先行学科を教えてください。
Mizuさん
結果的に結婚により実現はしませんでしたが、当時検討していたのは法律学科です。
トミー福沢
海外にいる間は収入とかはどうしていたんですか?
Mizuさん

学生ビザ保持の時は、ハワイ州から認定された特定の学校内のアルバイトなどを除き、原則働くことは出来ない(就労不可)ため、日本で作った貯蓄で生活していました。

結婚後、永住権に変わった後は、現地採用でパートタイムをしています。

給与事情は、今の職種、時給で、もし一人暮らしという条件であれば、月計算し直したとしたら、恐らく生活は厳しいと思います。

2ジョブは必要かもしれません。

ハワイは全米でも屈指の物価高なので、額面の給与だけみると日本で考えると平均以上だとしても、生活をしてみると、衣食住の、特に食、住は割高だと感じます。

収入源は多いに越したことはないなーと感じます。

 

学生ビザは働くことができないので、ある程度日本で貯金をしておいたほうがいい。

ハワイは物価が高いので働くなら収入が多いところがいい。

トミー福沢
 海外移住して感じたことや、1番の印象的なエピソードはありますか?
Mizuさん

移住して感じることは、日本で閉塞感を感じていた時期だったこともあり、本当に自由の国アメリカ!と感じることがありました。

個人主義だと言われるアメリカ人のあるあるみたいなのは感じました。基本、あまり他人が何していても気にしないという印象は受けましたね。

あと、ハワイという土地柄では、時間を守るとか、会社や職種によっては日本並みのところもありますが、全体的にのんびりしていますね。

ハワイ州の運営のバスなんて、30分、40分遅れるとか、そもそも来ないとか、慣れましたけど、日本をスタンダードに考えるといらっとしてしまうので、そもそも比べない、スキルが身につきました。

トミー福沢
言葉の壁は乗り越えられましたか?
Mizuさん

まだ乗り越えられていません(笑)

ただし、工夫しようと努力を続け、英語の勉強は一生続けるつもりです。

簡単な挨拶や、おしゃべり(チャット)は出来ますが、それでも発音が聞き取れなかったり、話す速度が早くて理解出来なかったりなんてしょっちゅうです。

それを乗り越えるには、コミュニケーションをとることを諦めない気持ち、でしょうか。 

トミー福沢
海外で住んだ家はどんな感じのところだったんですか?
Mizuさん

最初は友達、知人とルームシェアからスタートしました。

少し広めのStudioで、レントは月$1500を$750づつ折半。

アメリカ人の知人を頼り、いざ住んで見たら、すぐ下は早朝まで営業のバーで音楽が排水口から聞こえてくるし、でっかいゴキブリまであがってくるし、でびっくりしました。

その後、自力で日本人のオーナーとのルームシェアをみつけ、2ベッドルームのコンドミニアムの物件で、ワンベッドの部屋とバスルームが自分専用、後は共有でレントが月$900でした。

トミー福沢
今まで住んできた国と日本の違いや、困ったことはありましたか?
Mizuさん

書ききれないたくさんありまよ(笑)

文化の違いでいうと、お祝い事や年中行事が日本では無かったことがたくさんあります。

年の後半、10月、11月、12月あたりは行事が続き、だいたいパーティーや家族団欒の機会が多いので、だいたい太る時期です。

食事は、うまみやコクに飢えます。

トミー福沢
そうなんですね。
では、Mizuさんが感じる海外に住むメリットとは?
Mizuさん

日本を俯瞰して、客観視できるようになやすいと思います。

海外に暮らすのが長く慣ればなるほど、日本文化というものに対する興味、関心が湧くようになりました。

日本にいた時は、そんなに興味のなかったことが魅力に感じたりしますね。

トミー福沢
では最後にこれから海外移住する人にアドバイスがあるとしたらなんですか?
Mizuさん

海外移住をする人の年齢や、目的、性別、によって適切なアドバイスというのは、変わると思いますが、その国の語学や文化、風習についての理解を深めること、知ろうとする努力はとても大切です。

それ以上に、自国の文化や、歴史、を正しく、自分の言葉で説明できるように意識することも、それ以上に大切だと思います。

最後に・・・

日本では大変な生活を送ってきたMizuさん。
海外移住して今の旦那さんと出会って幸せな生活を送っているようで安心しました。

ただ、Mizuさんもおしゃっていましたがハワイは物価が高いそうで 収入はいくらあっても足らないみたいですね・・・
せっかく大好きな旦那さんとハワイに移住しているのでもっと満喫してほしいです。

そんなMizuさんに僕はネットビジネス、お勧めですね!

ハワイで幸せになるにも、時間と収入源がないと厳しい。

ネットビジネスなら世界中どこにいても仕事ができるから、色々な国にいく選択肢と自由な時間が増える

ネットビジネスなら世界中どこにいてもPC一台で仕事ができるので、本当におすすめの働き方です。

ネットビジネスを始めてできた自由時間を使ってどんどん世界に出ていく事は視野が広がって自分磨きにもなるし、世界中に友達が広がっていきます。

海外移住は自分磨きの一つになるので一度はしてみることをお勧めします。

最新情報をチェックしよう!