子供の頃に海外移住を経験!大人になってから思い返してみた海外とは?

トミー福沢
こんにちは、トミー福沢です。
トミー福沢のプロフィール

子供の時に海外移住を経験したあきこさんにインタビューしました。

子供のころに海外移住をした時のメリットや子供ながらに感じたことを紹介していきます。

あきこさんにインタビュー

トミー福沢
よろしくお願いします。
簡単に自己紹介をお願いします。
あきこさん
よろしくお願いします。
あきこ49歳です。
トミー福沢
海外移住したきっかけはなんですか?
あきこさん
家族の仕事の都合で、海外に住んでいました。
トミー福沢
そうなんですね。
どこの国に住んだことがあるんですか?
あきこさん

アメリカです。

トミー福沢
どの位行っていたんですか?
家族の都合で行った場合はビザはなんですか?
あきこさん

5年間住んでいました。当時は、まだ子供だったので、どのような形のビザだったかわかりません。

トミー福沢
差し支えなければ、先行学科や、ご職業をお聞かせください。
あきこさん
大学の専攻は外国語学部です。現在は、自営業です。
トミー福沢
 海外移住して感じたこと、1番の印象的なエピソードはなんですか?
あきこさん

日本で義務教育を受けていた時期に、アメリカへ移り住んだのですが、たくさんの人種の方がいることへの驚きや、教育形態が日本よりも自由な印象を受けました。

トミー福沢
子供ながらに言葉の壁は感じました?
あきこさん

子供だったので、英語への適応力は早かったと思います。とはいえ、1年間は、聞くことで精一杯でしたが、2年目以降から徐々に、自分の言葉で伝えられるようにはなりました。

 

子供は海外でも順応力が高い!
トミー福沢
アメリカではどんな家に住んでいたんですか?
あきこさん

日本の家の印象からだと、アメリカでの一軒家はとても広々とした印象を受けました。庭も広くて、リスやアライグマ、スカンクなどが出てくるようなところだったので、自然豊かな場所だったと思います。

トミー福沢
アメリカと日本の違いや、困ったことはありましたか?
あきこさん

困ったことは、言葉です。言葉が通じないと、私自身が何を考えているのかわからないので、周りにいる人たちが私の行動を誤解したりします。

あとは、人種差別といった大きな問題がある国なので、有色人種への対応があからさまに違っていて、腹を立てることがたくさんありました。

食事に関しては、子供だったということもあり、初めて食べた大きなピザや、蛍光色のお菓子類には、いつもワクワクしていたほどです。

トミー福沢
人種差別は本当に悲しい事ですよね・・

では、あきこさんがが感じる海外に住むメリットとはなんですか?

あきこさん

私自身、海外に住んだことによって、人種間の壁や異文化での自分の立場などについて、体に染み付くほどのさまざまな経験から、いろいろなことを考える機会を持つことができました。

日本だけで過ごしていてはわからなかったことを知ることで、多少視野が広くなったと思います。

トミー福沢
最後にこれから海外移住する人にアドバイスがあるとしたらなんでしょうか?
あきこさん

子供であれば、英語の勉強を予めする必要はなく、現場で学んで身につけていく方法が一番いいと思います。

大人である場合は、やはり、日常会話をある程度理解できるようにしておいてから、移住した方が苦労が減るのではないかと想像します。

最後に・・・

子供のころにアメリカ移住をしたあきこさんのお話を紹介していきましたがいかがだったでしょうか?

子供ならではの順応性で言葉の壁も何となくクリアしてしまったみたいですね(笑)

これが大人だったらある程度勉強してから移住しないと苦労するそうです。
そうなると仕事探しなども大変になってしまいます。

そんな苦労がないネットビジネスはいかがでしょうか?場所や時間など関係ないのでお勧めです。

海外移住するにも、収入源がないと厳しい。

ネットビジネスなら世界中どこにいても仕事ができるから、色々な国にいく選択肢が増える

海外移住を迷って躊躇している間に時間は過ぎて行ってしまいます。

歳をとった時にあの時、やっておけばと後悔するよりは思い切ってやってしまうのも人生楽しいかもしれないですよ。

海外移住できる仲間を増やすのが僕の夢でもあります!

一緒にビジネスを学んで、自由に暮らすライフスタイルを手に入れませんか?

最新情報をチェックしよう!