色々やってるんですが稼げませんって人は今すぐ1つ以外捨ててフォーカスすべし

トミー福沢
こんにちは、トミー福沢です。
読者さん
トミーさん、色々やってるんですがなかなか稼げないんです。
こういった相談を受けたので、今回はそれについて記事を書いていきたいと思います。
まずですね、色々やっているけど稼げないというのは、原因はそこにあって、色々やってるからダメなんですよ。

コンテンツは何度も見て学ぶ

僕もいろんな会社を経営して、売却したりとか合併したりとかいろんな事業を手放してみたり、もう一つ作ってみたりとか。

本当に様々なことをこれまでやってきたんですけれども、それはまず根底にスキルというものが大前提としてあるんですね。

情報発信とかマーケティング、コピーライティング、スピーキングとかそういったセールスのスキルだったりとかというところをまず固めるんです。

そして、そのスキルに合うものをやってるんですね。

だから土台は基本的に変わらないわけです。

同じような仕組み、テンプレートに沿っていろんな事業を作ってるから基本的にはある程度の規模まではどれも上手くいくというパターンなんです。

ですが多くの人はこのスキルもない状態でいろんなことに手を出すと。

コンテンツを買ってみてもわからないこととかあると思うんですよ。

実際僕もいろんなコンテンツを未だに買ってます。

例えば月2〜300万使ってみたりとかそういう感じで買ってるんです。

買って自分で読んでみたりとかパートナーに渡してそれを実践してもらったりとか、そういったことをやるんですが僕が読んでも一回じゃわからないことってやっぱりあるんですよ。

トミー福沢

ここまで色々経験した僕が読んでもわからないことがあるということは、これを見てくれているあなたが僕よりも経験がある方であれば理解は早いと思うんですけど、そうじゃない場合がほとんどだと思うんですよね。

となると何回も読まないといけないし、見ないといけない。

この記事も一回じゃ僕の伝えたいことをすべて理解できる人って恐らくいないと思うんですよ。

だからいつも2〜3回は読んでメモ取ったりとかしてアウトプットしてくださいって言うんですけどね。

本とかコンテンツも全く同じで、何度も見て学ぶということがまず大前提に必要になります。

やることを決める

そしてまず何をやるかというのを決めたほうがいいですね。

例えば転売だったら転売、Amazonの輸入転売だったらそれをまず結果がでるまでやってみると。

ブログだったらブログをやる、情報発信、メルマガとか使うのであればメルマガをやる、SNSのアフィリエイトだったらそれをやると決めて取り組むということが重要です。

だから、今言ったようにコンテンツというものは何回も見て学ぶことが一つ。

そして何をやるのかというのを決めたらそこに集中する、フォーカスするということですね。

それをやってください。

やることを決めるメリット

何をやるかというのを決めるメリットというのがあるんです。

トミー福沢

例えば僕だったらビジネスの仕組みを作るとか、思考の部分ですね。

クリエイティブな部分以外は基本的にやらないようにしてます。

雑務とかはできる限り人にやってもらう。

銀行の入金を個人口座からやる場合とかはもちろん自分でやりますけど、それ以外の法人口座からの入金や支払いは社員さんやパートナーなどに任せるようにしています。

僕は情報発信とかYouTubeに上げる動画とか、自分のアウトプットの意味でもあるんですがそういう自分の学び・経験に繋がるものは自分の仕事って決めてやってます。

ですが、それ以外はやらないようにしています。

何故かというと、僕は一番はとれないんですが結構何やらせてもある程度うまくいっちゃうタイプなんですよね。

トミー福沢

学校のテストを受けても一番はなかなか取れないという状態なんです。

まあ勉強してなかったですけど、80点とかはどの教科も取れちゃうみたいなタイプの人間で、本当に平均してそこそこできるみたいな人間だったんですよ。

それが僕の中ではコンプレックスだったんです。

僕負けず嫌いだったので、平均より高い点数を取っても嫌だったんです、やっぱり一番を取りたいわけです。

だから一番が取れるものには僕は熱中する癖があるというか、そういう性格だったんですね。

例)ひたすらウイイレ!

ゲームでいうと多分知ってる人も多いと思うんですけど、スマブラとかウイイレとか有名ですよね。

スマブラも小学生の頃にやってみて最初は弱くて負けるんですけど悔しいから練習しまくって、中学高校、社会に出てからも僕の周りでは僕が一番強くなったんです。

周りサッカー好きなやつが多くて僕もサッカー見るくらいはしてたんですけど全然詳しくなかったんで、高校に入ってから友達の家に行ったときに初めてウイイレをしたんです。

トミー福沢

ボコボコにされましたよ。

僕は1点も取れないけど5点取られるみたいな本当にクソ雑魚で。

ウイイレって当時はどういう試合だったかという平均得点とか平均失点とか勝率なんかの戦績を記録できるモードがあって、クラス内で独自にトーナメント組んでやったりとかしてたんですね。

そのときに僕で勝ち点取ったり平均得点を上げないとダメみたいな、冗談混じりにいじられてたわけですよ。

当時僕が弱かったから。

それがめちゃくちゃ悔しくて、結果僕が何やったかというと、プレステ2のウイイレを初めて買ってオンラインゲームに接続して3日で100試合やったんですね。

1試合5分か10分なんですけど、100試合やってそこから練習を更に積んで僕はクラスで一番強くなったんですよね。

もうとにかくウイイレしかやってないと。

高校生の頃僕アフィリエイトやってたんですけど、バイト代くらいですけど当時でも勝手に利益上がってたんで、それはもう無視してとにかく家帰ったらウイイレばっかりやっていましたね。

でも当時ね、やってないんですけどウイイレの攻略サイトを作ったら儲かるだろうなと思ってたんですよ。

アクセス数とかを公開してるサイトが当時はすごい多くて、そのアクセスを見るとアドセンスで十分稼げるだろうなっていうような驚異的な数字でしたね。

ゲームの攻略サイトは当時結構珍しくて、まだ攻略本とかで見る時代だったんであの当時にゲーム攻略サイト作ってたらめちゃくちゃ儲かっただろうなと思いましたね。

トミー福沢

僕がアフィリエイトを始めるきっかけになったのもゲームの攻略サイトなんですよね。

当時パワプロをやっていて、パワプロのサクセスっていう選手育成モードをやってたんです。

攻略本以外の情報を知りたいなと思って、パソコンでカタカタ検索してたらパワプロのサイトなのになんかメールクリックで稼げるとか広告収入がどうのこうのみたいな書いてる広告があって。

そこから僕はアフィリエイトというものを知ってのめり込むようになったんですよ。

まあ余談なんですけどね。

何が言いたいかというと、僕が平均的しか取れなかったとか、一番取りたい人間だとかそういう話じゃなくて、なにか一つに絞ったほうがいいよという話ですね。

得意なものに絞る

僕は何でも触ったらできるんですけど、その中でも得意なものだけに絞ってやってる、やりたいことだけに絞ってるんですね。

多分これ読んでる人もそこそこできる分野っていくつかあると思うんですよ。

例えば

読者さん

英語はそれなりに喋れます。

マーケティングも少し出来て、コピーライティングもほんの少しだけできるけど何を中心にしたらいいのか分かりません。

読者さん

転売で10万稼いでいて、SNSのTwitterのフォロワーは8,000人くらいいます。

情報発信もなにかできそうだけど、何をやったらいいんだろう・・・。

とかいろいろあると思うんですね。

プログラミングがちょっとだけできてマーケティングもちょっとだけできるとか、人それぞれありますよね。

恐らく自分の中で何も出来ないという人は結構珍しくて、そういう人は勉強すれば全然OKなんです。

ただ、何も出来ない状態というのは今すぐ抜け出したほうがいいです。

得意なもの、不得意なものっていろいろあるんですけど、得意なものの中でもある程度絞らないといけないんですね。

特に最初の方は一つに絞ると。

しゃべる能力を養う

僕は情報発信を始めた頃はコピーライティングに特化していました。

文章で人を動かす、商品を売るということに特化してやってたんですね。

もちろんマーケティングというのはついてくるんですけど、とにかく文章を練習してました。

実際それで月収100万とか超えたんですけど、僕YouTubeに動画もあげてるんですね。

そういうしゃべる能力を養ったほうが良いです。

なので僕はしゃべることを中心にやりたいなと思ってて、今実際にYouTubeで動画を上げてるんですね。

何もやってない事業もあるんですけど、YouTubeのように喋ることだけをやる事業もいくつかあったりします。

で、不得意なこと、例えば僕は事務処理とかは嫌いなんですよね。

広告費の計算、今月いくら使ったとか成約率が何%出たかとかは把握するんです。

僕自身で計算する場合もたまにあるんですけどそれはできる限り減らして、集計したデータをもらってそれを見てチェックするという風にしてます。

だから数字を見て問題点があるところがないかっていうのをチェックするのが僕の仕事なんです。

トミー福沢

事務処理ってみんな嫌なのかなって僕は昔思ってたんですよね。

みんな事務処理なんてやりたくねえんだろうなって思ってたんですけど、女性でも男性でもあんまり自分を出してガンガン稼ぎたいという欲がない人はやっぱりいて、そういう人は案外好きなんですよね、事務処理。

なのでそういう人を見つけてお願いする。

社内に入れてもいいし外注でその時々で計算してもらうとかね、今月のこの2週間だけちょっとお願いしますとかいう頼み方でもいいと思うんです。

そういう風にやることによってその人は自分の好きな仕事が出来てお金がもらえてハッピーラッキーと。

僕自身は自分がやりたくないことをやらなくてハッピーという感じで、お互いにとって良いと、そんな感じにできるんですよ。

更に自分がやりたくないことしかやらないほうが圧倒的に自由ですよね。

時間をクリエイティブなことに使えることが僕はすごい良いなと思っているんです。

例えばTwitterとかYouTubeで動画を上げるのって僕の中では本当に自分の成長が一番だなと思うんですけど。

動画でしゃべることによって頭の中が圧倒的に整理されてスピーキング能力もうまくなると。

しかもダイレクトに反応が見れますよね。

例えばYouTubeのコメント欄だったり、LINEで連絡もらったりとか、Twitterで動画良かったですよって言ってくれる人がいたりとか、質問をもらったら、この人はここがわかんないんだな、じゃあそれを解決する動画を撮ってあげようかなとかね。

コンテンツにして販売してみようかなとかいうデータも取れるというところで本当にいいんですよ。

それ以外をやらないことによって時間が圧倒的に出来ます。

例えば僕だったら1日1時間で動画撮ったら仕事終わりとかもいうこともできますし、チャットで指示を出して仕事終わりってのもできるんです。

だから自分の時間が本当に確保できるんですよね。

ということを恐らくみんな求めてると思うんですよ。

みんなそういう風になりたいと思ってるんです。

一から十まで自分でやってたらしんどいんで他の人に任せるということをやらないといけないんですね。

他人に任せる

他の人に任せるのって最初は大変なんですよ。

どういう風に指示出したら動いてくれるかとか、理解してくれる人もいればしてくれない人もいるので、みんなにわかるようなマニュアルを作ってみたり。

一人一人通話とかでやり方を教えてみるとかいうことも出来ますよね。

例えば外注さんにどうやってお願いするかというのを動画化してそれで教えていく。

それで上手くいったら売れますよね。

コンテンツとして売れるし、あなたが将来的にいろんな会社を作っていくんだったら会社ごとにそのマニュアルを配布すれば外注の方法っていうのがトップダウン方式でずっと流れていくと。

そういうメリットもあります。

外注さんとのコミュニケーションの取り方とかもどんどん上達していくんです。

他人は自分の1/10しか理解していない

人に任せる思考というのがすごく大事なんですけど、社長と社員の能力差の話を余談でしますね。

社長と社員の能力差というのは基本的に10倍くらいあると言われています。

僕もそう感じています。

トミー福沢

僕はこれに気づかなくて全然うまくいかない時期というか、なんで出来ねえんだよと思ってた時期があるんですけど、今はそう思わないようになってきたんですよね。

何故かというと、起業して独立してなにか事業を立ち上げて少しでも成功できる人間というのはやっぱりパワーがあります。

本当に心からそう思います。

サラリーマンとか社員とか雇われて生きてきた人っていうのは、基本的に自分よりも1/10くらいしか仕事が出来ないわけです。

これは失礼な言い方なんですけど、事実そうなんですよ。

これ見てるあなたは恐らく個人事業主かフリーランスとか、経営者になりたいとか思ってる人だと思うんですけど。

下の人にお願いするとか社員を抱えるとか、チームメンバーを作っていくとか外注さんにお願いするという時は、自分の1/10しか理解していないと思って教えないといけないんです。

そうすると徐々に育ってきて、自分のクオリティーまで持っていってくれます。

そういう意味では教えないといけないし、なんで出来ないんだよとか思うんじゃなくてできるようなマニュアルを作ることに時間をかけた方が結果的に上手くいくのでオススメです。

成果報酬にする

トミー福沢

僕は本当にこれで失敗して、なんで出来ないんだろうなと本当に思ってたんです。

これは経営者の人だったら結構共感してくれると思うんですけど。

そこで僕がとった対策っていうのはマニュアル化していくということと、出来る限り固定給を払う社員を少なくするということをしました。

なので今だったら僕一人でも自分の取り分として今と変わらない年間数億くらいの売上が取れるかなと思います。

何故かというと、固定給を払う社員を減らしても外注さんやパートナーさんなどチームメンバーの人たちに、売上に対するパーセンテージでの支払いだったり、この案件をこなしてくれたら30万ねという形で成果報酬でお願いしているケースが多いからです。

これによって相手はその成果物を納品するために頑張ってくれるし、僕としては納品された良質なコンテンツだったりウェブサイトだったりとかっていうのがちゃんと上がってきたら、それに対してお金を払うっていうことが出来るんです。

どうしても固定給だと社員の体調や感情とかで仕事の能率が変わってくるということがあって、僕はそれがどうしても我慢出来なかったので出来る限り固定給を払う人を減らすように変えました。

トミー福沢

だから社員100名抱えてますとかいう経営者の人は、自分にはない能力なので本当にすごいなと思います。

利益率はどちらが良いかわからないですが、僕はもう多くの社員を雇うことはしないと決めているので。

社員を雇っている人のほうが儲かっているのか、僕のほうが儲かっているのかは全くわからないです。

僕は自分に入ってくるお金がいくらかっていうことを突き詰めて今の状態までもっていってて、この方が僕は良いと思ってるのでこういう風にやってるんですけどね。

だからあなたが何を目指すかですね。

社員数をいっぱい抱えてやりたいんだったら僕の話は参考程度にして、そういう人をメンターにしてやったほうが良いし、僕みたいに社員数を出来るだけ減らして外注さんとかのチームメンバーを囲ってそういう形で仕事をしたい、もしくは一人で売れる仕組みをずっと作っていきたいとかいう場合。

まあこっちのほうが自由ですね。

この場合は僕を参考にしていってほしいなあと思います。

情報発信を極める

ということでここまで話したんですけど、僕は情報発信というものをベースにある程度どの事業もやってきたんですね。

情報発信で必要なのはスピーキングとかコピーライティング、マーケティングとかこの辺なんですけど、これを極めることによって何が出来るかというと他の人のコンテンツを売ってあげることが出来るわけです。

これは言ってしまえばプロデュースですね。

トミー福沢

例えば英語系のコンテンツを持っている人がいたら、その人の名前とその人のコンテンツで僕が売れる仕組みを作ってあげて、広告とかをかけてあげると。

自分の名義ではないです。

自分の名前ではないんですけれどもずっとそこから収益が発生する。

そのコンテンツのホルダーさん、要するに著者さんだったり英語が喋れる人、教えれる人も儲かるし僕も儲かると。

サポートとかは全部そっちでやってもらって、僕は売れる仕組み作りに特化してやるという風にやってます。

これのメリットは自分はサポートをしなくていいので売れる仕組みを量産することに力、時間を割くことができるわけですね。

なので僕はこういう感じでやってます。

例えば他だと、恋愛系やダイエット、ニキビの治療とかどんな分野でもそれでいけるんですよね。

歯医者とかは僕は狙い目かなと思うんです。

例)歯医者でアフィリエイト

日本人って歯が汚い人が多くて、僕も矯正はしてないですけど比較的きれいな歯並びで、ホワイトニングとかやりまくってて真っ白なんですけどね。

トミー福沢

海外に来て思うんですけどやっぱり歯はきれいな方がいいですね。

キレイにしだすと、日本人で歯がちょっと汚いとかガタガタしてるとか黄ばんでる人を見ると、不潔に見えてくるんで歯はきれいな方がいいんですけどね。

歯医者は何がいいかってバックエンドが売りやすいんですよね。

例えばホワイトニングに来ると、安いホワイトニングありますよね。

4,000円とかで出来るセルフホワイトニングとか。

あれをやるじゃないですか。

僕は一回くらいしかやったことないですけど、あれをやってあなたが僕と一緒にホワイトニングバーみたいなのを経営するとしますよね。

あれでみんな利益をだそうとするんですけど、ホワイトニング、セルフホワイトニングのサロンというかバーってめちゃくちゃ潰れてるんですよ。

一時期めっちゃ流行りましたよね、3〜4年前とかだったかな。

流行ったんですけど、めちゃくちゃ潰れてるんですよ。

これ何故かというと、フロントエンドで儲けようとして失敗してるんですね。

フロントが4,000円とかで安いんですけど、これじゃ利益でないじゃないですか。

都内とかだと家賃も高いし、バックエンドを売らないといけないんですよね。

ホワイトニングをする人ってとにかく歯を白くしたい。

トミー福沢

歯並びが悪い人は日本人多いんで、僕だったら歯並びを矯正する歯列矯正をバックエンドで売ります。

歯列矯正のいいところってね、他の歯医者さんと提携してアフィリエイトするってことですね。

売れたら50%くれというような交渉をしてそこに斡旋することを徹底してやります。

何故かというと、利益率が異常に高いのと、歯列矯正の良いところはローンが組めるんですよ。

ローンって毎月の支払い減るからみんな組むじゃないですか、家もそうだし車もそうだし。

なので僕は歯列矯正を絶対にしたほうが良いというステップメールとかを組んで、圧倒的に教育してファン化して歯列矯正を売ります。

ホワイトニングだけよりもそっちのほうが良いよということで。

まあホワイトニング売ったりとかして高額バックエンドが売れると、例えば1ヶ月に100人が来客して、そのうちの5%である5人が歯列矯正を買ってくれたとします。

海外では10万、高くても50万くらいであるんですが、日本では歯列矯正は今100万円くらいしますよね。

ワイヤーが見えるやつじゃなくて歯の裏にワイヤーがあるやつとか、透明のマウスピースみたいな矯正が出来るやつとか。

日本だとどれをやるにしても100万くらいかかっちゃうんですよね、だから高額ですよね。

100万売れて、ローン組んでもらったとします。

情報商材みたいに20万円の商品を分割して20回払いだったら1ヶ月1万円ずつしか入ってこないという問題がありますよね。

これは決済会社によるんですが、多くの分割した場合は支払いも分割して入金されるんですけどローンの場合は一括で入るんですよ。

だから、100万をお客さんがローン組んで分割したとして、たとえ48回払いだったとしても100万円は歯医者にそのまま入ると。

トミー福沢

これはめちゃくちゃメリットなんですよ。

最初のファーストキャッシュを一気に作る上ではすごく良くて、そのうち50%だったら50万貰えるわけですよ。

しかも歯医者はそんなに労力かからないじゃないですか、歯列矯正って。

だから別に50万でもめちゃくちゃ集客してやるよっていう話を段取りつければOKすると思うんです。

僕やってないですけど、間違いなく上手くいくだろうなって前から思ってたモデルなんです。

そうすると100人で4,000円のフロントを買ったのが100人ということは、40万しかあがらないじゃないですか。

40万円だと多分家賃払ってテナント料払って終わるくらいですよ。

スタッフ一人分とかも払ったら終わるという状態なんですけど、そこにバックエンドで5人が歯列矯正買ってくれたら、250万自分に入ってくるので、一ヶ月で290万売上が上がると。

そこにホワイトニングとかを買ってくれる人が全体の内10人くらいいてそれが3万くらいだとしたら、30万上乗せなので320万入ると。

これならテナント料を払ってスタッフ3人分くらいの給料、ちょっと安いですが20万だとして60万、1ヶ月100万の経費で200万くらい利益が出るということができるわけです。

これをやらないといけない。

あとは歯に悪い食べ物とか気をつけるべきポイントとか、歯をキレイにしたい人の悩みって多分モテたいとか顔を小さくしたいとかだと思うんですよね。

歯列矯正って小顔効果があるとかそういう話なんかも聞いたりしますし。

そういう情報を発信して情報商材をコンテンツ化して売るっていうのもできますよね。

だからそうやっていくと月500万くらいの売上が上がるモデルというのは十分可能なわけです。

そうなったら毎月400万円とか利益が出たら年間5,000万ですから、1店舗でそれなら多店舗展開出来ますよね。

すると儲かるよねと。

出店するのに確か400万円くらいでいけるって聞いたので、そうなると400万利益が出だしたら毎月1店舗ずつくらい増やせると。

2ヶ月に1店舗とか増やしていったら倍々になって、年商3億くらいのモデルが1年くらいでできちゃうということです。

こんな感じでやって欲しいんですけど、情報発信を極めるとこういう風にプロデュースできるようになります。

トミー福沢

初めから情報発信を勉強しても売るものがなかったりとか実績がないからという人もいるんですが、別に他人の実績使っちゃえばよくね?と僕は思うんですよね。

僕はやってないですけど、僕がもし良質なコンテンツを作ってるとしたら僕の商品を売ってくれるアフィリエイターの人いたらすごい嬉しいですね。

これからなんか作るかもしれないんでそういう時に協力してくれたら嬉しいし、実力が伴ったら僕と一緒に何かをプロデュースしたり一緒に広告費を出して案件回したりとかでもいいです。

そんなこともできるということです。

だから、情報発信を最終的にはとにかく極めて欲しいし、できれば最初からそこの分野にいっちゃってもいいかなと思います。

最後に・・・

ということでいろいろやってるんですけど稼げませんという悩み相談だったんですが、めちゃくちゃ大事なことを垂れ流したので何度も読んでほしいです。

トミー福沢

コンテンツは何回も読むとか、一つに絞ったほうがいいとか例題とかもめちゃくちゃ出しましたよね。

英語のプロデュースだったりとか、歯医者の話もそうだし、とにかく大事な話をしまくったのでそれをマスターするくらい、多分ノート数ページ分はメモ取れると思うのでガンガンメモとって自分のビジネスに活かしてほしいなと思います。

実際情報発信を極めたいという場合はLINEに登録しておいてください。

今回見たいな事例の話ってめちゃくちゃ参考になったと思うんですけど、こういうのLINEとかでもガンガンしていくので。

いつも言うように、月収100万の人からビジネスの本質なんて学べないわけですよ、冷静に考えて。

だから僕みたいに複数の事業をやってるとかいう人からある程度本質的な部分は学んでもらって、月収100万とかの人からはテクニックを学ぶという方が僕はオススメです。

僕自身も未だに月収100万とかの人から何学んでるかっていうとそういうテクニックですね。

例えばTwitterのアフィリエイトで月収100万稼ぎましたという人がいたとして、僕がやったら3〜5倍はいけるだろうなと思います。

テクニック的な部分だけ吸収して本質と合体させてやっちゃうということですね。

こんな感じで本質を理解するとビジネスモデルが思いつくわけです。

いろんなものといろんなものを組み合わせたらいけるじゃんみたいなこと思うので、そういう風にやったほうが良いです。

なので、僕もテクニック的なこととかコピーライティングとか得意なので、メルマガのタイトルはこうすべきとか、ファン化するには何をしゃべればいいかとかガンガン話していくんですが。

そういうのを知りたい場合はYouTubeやブログではすべて公開出来ないので、多分多くの人は登録してないと思うんですけどLINEに登録して下さい。

トミー福沢

登録したやつが勝てるように僕はやっていくので、その人が仲間だと思って教えていくのでぜひ登録しておいてください。

ということで今回の記事の感想とかお待ちしてます。

ありがとうございました。

オススメ記事

トミー福沢 こんにちは、トミー福沢です。 ▶トミー福沢のプロフィール 今日は、「人見知り・コミュ障の僕がスピーキングを鍛えまくって年間3億円の報酬を受取るまでになったのか」という話をします。 実は、[…]

最新情報をチェックしよう!